「ある本で、『どもりは母親がつくる』と書いてあるのを読みました。母親の育て方が悪かったから私はどもりになったのです。今は、母親を恨んでいます」

「どもりは遺伝するんでしょう。自分の子どもがどもりになるかと思うと不安です」

「どもりは横隔膜のけいれんから起こると聞き、呼吸練習とその呼吸に合わせた発声練習をずっとしています。これでどもりは治ると思います」

「左ききを右利きに治すとどもりになると、新聞記事で読んでショックを受けた。無理やり利き手を変えた親が憎い。今は左手で文字も書くようにしている」

吃音の原因についての誤った認識、偏った認識から、このように間違った対処の仕方や、思い込みで、新たな悩みが発生する。

吃音の治療は、吃音の原因を探り、仮説を立てることによって始まる。したがって、原因についてどのような仮説を立てるかによって、治療法(対処法)は違ってくる。呼吸や発声器官に原因を求めるところから、あの伝統的な呼吸・発声を中心とする吃音矯正法が考えられた。

なぜ吃るようになったのか? 原因は何なのか?

素直な疑問を持つのは当然だが、吃音の原因について正しい知識を持っている人は、それほど多くはない。いたずらに不安を持ったり、適切でない治療法にのめりこまないために、吃音についての正しい知識を持つことは必要不可欠なことだと言える。

吃音の原因については、これまで無数と言えるほどの学説が出されたが、まだ定説はない。どんぐりを食べるとどもりになるといった迷信や、舌が短いからなどという説は姿を消したが、一般にはまださまざまな推測が残っている。ローマ時代、吃音は悪霊にとりつかれたために起こると言われ、19世紀に入ると、器質的要因や機能的要因が言われ、19世紀後半には精神科医らによって、神経症の一種と考えられるようになった。この頃、吃音の原因についての説を唱える人達は、自分の主張する説だけが吃音の原因であると考え、自説の正当性を主張し、他の学説を批判した。しかし、近年、吃音の原因は、吃音者ひとりひとり違っており、一つの原因説ですべての吃音者の原因を説明することはできないと考えられるようになった。吃音にはいくつかの原因があり、それらが重なり合っていると考えるようになったのである。吃音をどうしても治したいという強い意思を持った方には、下記の方法もおすすめです。
(【吃音を一週間で克服する方法】 コチラ

実際に臨床的に吃音者と接し、何らかの原因説をあてはめてみると、少なくともその人の吃音に関しては説明できることがあり、定説はないとはいえ、吃音研究者らが考えた原因説を知っておくことは意味のないことではないだろう。