「ESPN」がミラン10番の去就を特集 Jリーグ復帰は「最も容易な移籍」

 日本代表FW本田圭佑は、今季限りでACミランを退団することを21日の第37節ボローニャ戦(3-0)後に自身のツイッターで発表した。3年半を過ごしたミランのラストシーズンでの成績は、残り1試合を残す段階で7試合出場1得点。期待通りの働きができなかった背番号10だが、来季の新天地はどのクラブになるのか。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」も特集している。

 2014年1月に期限付き移籍で加入した本田は、ミランでの3年半に別れを告げることになった。特集では「彼の“夢の移籍”は完全な悪夢にはならなかったが、本田はしばしイタリアで出場機会の少なさに苦しむことになった。そして、望んでいたようなインパクトを残すことができなかった。彼の才能に疑いの余地はないが、30歳の段階で、彼からこれ以上のものを期待することができるのか」と本田の現状を分析。そして新天地候補として浮上している5カ国のリーグを挙げて、移籍実現の可能性を占っている。

 最初に登場したのは、Jリーグ復帰。「最も容易な移籍で、選手とリーグのどちらにも意味がある」と分析している。

「彼は最大ではないが、依然としてアジアのビッグスターの一人である。本田はJリーグで大きな興味を引く存在になるだろう。中国スーパーリーグから国際的なスポットライトをいくらか奪い返すためにも。スポンサー、メディア、ファンの興味、いずれも大きなディールだ」

 本田が母国帰還を果たすことによって世界的ビッグネームをかき集め、イングランドでも放送されるようになった中国リーグへの一定の対抗策になるかもしれないと分析。イタリアで出番を失い、日本代表での定位置が「危険になっている」という現状から「本拠地(Jリーグ)でのプレーは代表選出を容易にする」と記されている。

プレミア勢が無視できない商業的価値

 2番目として登場したのは、イングランドのプレミアリーグ。ミラン移籍前にはリバプール、アーセナル、トットナムからの関心が伝えられたが、「彼のミランでの活動の乏しさは、彼をレーダーの外に置いてしまった。そして、どんな選手でも獲得できるプレミア上位クラブの興味も奪い去った」と厳しい現状が指摘されている。

 だが、「経験、才能、創造力、そしてミランでの苦しい日々から自らを証明したいという熱望が本田にはある」と分析。さらにストロングポイントは、フィールド外に存在するという。

「アジアのスター獲得は多くの商業的機会を手にすることになる。東方からフィールド外のアドバンテージを保証するものがいるとするなら、それは本田だ。アジアで最も人気を持つかもしれない男が、世界で最も人気のあるリーグにやってくることは大きなニュースになるかもしれない」

 マーケティングとスポンサーという経済効果は見逃せないと、特集では指摘している。

つづく

2017年5月24日 11時57分 Football ZONE web
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13105198/

コメント一覧
MLS進出は「クラブにとって理に適う」

 3番目に取り上げているのは中国だ。最大の魅力はなんと言ってもチャイナマネーで、「お金は問題ではない。中国リーグの半数のクラブは瞬きするまでもなく、この選手を獲得する経済力がある」と指摘。本田がミランで受け取っている年俸250万ユーロ(約3億円)を支払う能力には、問題ないという。

 日中間の微妙な国際関係を指摘しながらも、「本田を獲得することで、フットボールが人々を一つにするかもしれない」と、日中関係の良化につながる可能性もあると主張している。

 4番目の新天地候補はアメリカだ。最近まで本田は、メジャーリーグサッカー(MLS)が移籍先の最有力とされており、シアトル・サウンダースの名前も浮上していた。MLS上陸を果たすことは「クラブにとっては理に適っている。本田はすぐにリーグのスターになれる格の持ち主であるだけでなく、洗練さをもたらしてくれる」とした上で、「世界で有名なヒーローは、アジアにおけるシアトルとMLSの立ち位置を高めてくれるかもしれない」と、受け入れるクラブとリーグに大きなメリットをもたらすと評価している。

 そして最後に登場するのがスペインだ。「香川真司、岡崎慎司、中田英寿はイングランド、ドイツ、イタリアでリーグを制覇した。しかし、技術的に恵まれた日本人、もしくはアジアのその他地域の選手も、現代スペインでインパクトを残すことに苦労している」と、リーガが日本人選手にとっての“鬼門”であると指摘している。

最有力候補はレバンテと同都市の名門クラブ

 エイバルFW乾貴士は今季最終節でバルセロナ相手に敵地で豪快な2発を沈めるなど、レギュラーとして活躍しているが、エスパニョール時代の元日本代表MF中村俊輔(ジュビロ磐田)、セビージャ時代の日本代表MF清武弘嗣(セレッソ大阪)ら当代のテクニシャンも本来の輝きを放てなかった。

「本田は(活躍する)第1号になれるかもしれない」と記事では予想しており、シンガポール人のピーター・リン氏が会長を務めるバレンシアを移籍先候補としている。

 現時点ではバレンシアと同じ都市のライバルで、来季1部に昇格するスペイン2部レバンテの名前が移籍先の有力候補として浮上している。果たして本田は、2018年ロシア・ワールドカップを前にした重要なシーズンに、どこでプレーするのだろうか。

【了】
下らねぇエア流すなよ糞が!
ホンダの風評被害
日本の恥 ハッタリだけの口だ圭佑 ド素人プレイ集

いつものゴール前の空振り
http://i.imgur.com/1y7qvfK.gif
http://i.imgur.com/tzAskpx.gif
いつもの超ノロマプレイ
http://i.imgur.com/JPA7emi.gif
http://i.imgur.com/nHIpqV1.gif
得意の左足でも小学生以下のトラップ
http://i.imgur.com/LzCLcZk.gif
中学生に弾き飛ばされるフィジカル
http://i.imgur.com/Pl07SSy.gif
本田が簡単に裏を取られて守備崩壊→クロスを上げられて長友のクリアミス→PK取られる
http://i.imgur.com/Lh7xHIH.gif

■ジェノア戦のオフサイドトラップ見逃しからの失点で見事に戦犯
http://i.imgur.com/gXSpf9H.gif

■http://i.imgur.com/JPA7emi.gif
本田がノロマすぎてボールを奪われる
パス出したメクセス
「FUCK YOU」wwwwww

■ミランのチームメイトにハイタッチしようとするも拒否されるという屈辱を味わう本田(爆笑)wwwwww
http://i.imgur.com/dx3D2Q3.gif

パンキナ〜ロ本田圭佑まとめwiki 爆笑gif保管庫
http://panchinaroporco10.memo.wiki/d/%c7%fa%be%d0gif%ca%dd%b4%c9%b8%cb


本田はのろまで自分の得点しか考えていない日本代表の癌
フリーだからまずヨーロッパだろうな
NIVEAの缶ぶた

本田だけ端っこに写ってて真ん中にTOYO TIRESの看板

http://livedoor.blogimg.jp/kurrism/imgs/f/2/f20a2ea2.jpg
マーケティング要員
こいつはほんと金・金・金だな
激辛注意。ミランOB・コスタクルタが放つ「本田圭佑論」
https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2014/05/15/ob/

 だが、これまでに見た試合を踏まえて言えば、正直なところ、
現時点での本田は「ミランの10番」どころか、単に「ミランの一員」
としても認めるわけにはいかないレベルにある、と言わざるを得ない。
さらに言えば、セリエAでプレーできる水準の選手ではないとさえ僕は思っている。